• HOME
  • WEB記事
  • 野球部 , 戦評
  • 【野球部】東大打線の猛攻跳ね除け3連勝!立大打線の加速止まらず! 〈秋季リーグ戦 東大1回戦〉

【野球部】東大打線の猛攻跳ね除け3連勝!立大打線の加速止まらず! 〈秋季リーグ戦 東大1回戦〉

≪東大戦の展望はこちらから≫

◆2021年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆

9月25日 対東大 明治神宮球場

打者成績

位置選手名・学年・出身校打数安打打点四死球本塁打
[9]8道原(法3=駒大苫小牧)
H8金川(社4=立教新座)
[5]田中祥(コ1=仙台育英)
H5佐藤(コ3=福岡大大濠)
[7]吉岡(コ3=広陵)
片山(コ4=履正社)
太田(コ4=智辯学園)
[3]東(社4=福岡大大濠)
[4]山田(コ3=大阪桐蔭)
[8]7宮﨑(コ3=大阪桐蔭)
[2]黒岩(法3=静岡)
戸丸(コ1=健大高崎)
[6]井上剛(コ3=佐久長聖)
池田哲(コ4=小松)
[1]池田陽(コ2=智辯和歌山)
野口(コ2=東海大相模)
荒木(社4=神戸国際大附)
栗尾(コ4=山梨学院)
柴田颯(社3=札幌一)
諸藤(コ3=東農大二)
沖(法1=磐城)
島田(コ3=龍谷大平安)

投手成績

選手名・学年・出身校投球回球数被安打奪三振与四死球自責点
池田陽(コ2=智辯和歌山)3 1/377
野口(コ2=東海大相模)1 2/317
栗尾(コ4=山梨学院)
沖(法1=磐城)25
島田(コ3=龍谷大平安)

開幕カードで強豪・早大を相手に2連勝を遂げ、勢いに乗る立大ナイン。初回に相手の失策により先制に成功するも、3回と4回に東大から連続安打を浴び、計6失点を許す。しかし、6回に道原(法3=駒大苫小牧)の放った2点本塁打によりタテジマ打線が爆発。7回には代打・柴田颯(社3=札幌一)の適時二塁打をきっかけに、逆転に成功する。続く山田(コ3=大阪桐蔭)、諸藤(コ3=東農大二)らも打線を繋げ、この回一挙9得点を奪う。さらに8回にはダメ押しの2点を追加。リードをもらった投手陣は、リーグ戦初登板のルーキー・沖(法1=磐城)らが力投を見せるなど投手陣も好調で、開幕から負けなしの 3 連勝を飾った。

中盤までは東大に大きくリードを許すも、5回から登板した野口(コ2=東海大相模)が同回を無失点に抑えたことで、流れをぐっと引き寄せた。6回無死から代打・荒木(社4=神戸国際大附)が四球で出塁すると、「切り込み隊長」道原が内角低めの 127 ㌔のスライダーを華麗にすくい上げた。今季1号となる本塁打をライトスタンドに放り込み、防戦一方だった立大ベンチは大いに沸く。続く田中祥(コ1=仙台育英)もフェンス直撃の豪快な二塁打を放ちチャンスを作る。その後、大砲・東(社4=福岡大大濠)の犠飛で1点を返す。じわじわと点差を詰めていった。

7 回のビッグイニングの口火を切ったのは、代打・柴田颯の右翼線を抜く適時二塁打だ。1死一、二塁の好機をものにし、思わず高らかにガッツポーズ。続く道原の痛烈な当たりが相手の失策を誘い逆転に成功する。その後は3つの四球で満塁のチャンスを作ると、打順が回ってきたのはチームの主力・山田。右翼手前に綺麗な適時打を放ち、いよいよタテジマ打線の勢いは止められなくなった。2死満塁からは、代走で途中出場していた諸藤が右中間へのリーグ戦初安打を放ち、ここでもにこやかにガッツポーズ。大量得点奪取に成功し、スコアボードをひっくり返した。

今季初安打を放ちガッツポーズをする柴田颯

味方打線の活躍により、投手陣は安定した投球を見せてくれた。7 回から登板したルーキー・沖は、初めての神宮のマウンドに「少しの緊張はあった」としつつも、自信のある制球力を武器に好投を見せた。2回を投げて被安打2、四死球0と東大打線に反撃の機会を与えなかった。

リーグ戦初登板を飾った沖

8 回のダメ押しの追加点を上げたのは、宮﨑(コ3=大阪桐蔭)と黒岩(法3=静岡)の3年生コンビ。浮いた球を見逃さず、宮﨑は左翼線、黒岩は右翼線にそれぞれ痛烈な当たりを響かせる。最終回は抑えの島田(コ3=龍谷大平安)がたったの4球でキッチリと試合を締めくくった。


春季で見せつけたRIKKIOの攻撃力は最早疑いようがないだろう。圧倒的な爆発力は留まるところを知らず、その快進撃はただ栄冠のもとへと突き進むだけだ。運命を分かつ第2週を制し、この勢いをより着実なものにしていきたい。

(9月25日・永﨑勇汰)

コメント

2回無失点の快投を見せた#37 沖

「道原さんの本塁打を始めとして、先輩方がたくさん打ってくださり、点差の開いた状況の中で投げることができました。初登板の中で本当に投げやすい環境で投げさせてもらったので、先輩方に感謝したいと思います。4年生と野球できる時間ももう最後です。優勝に向かって全員で頑張っているので、自分もしっかりその輪の中についていって、先輩方の優勝に貢献したいです。」

本塁打を含むマルチ安打を記録した#1 道原 

「序盤にミスによる失点があり苦しい展開でした。5回終了時にチームで気を入れ直そうと話し合い、後半はしっかりみんな変わった姿で(プレー)できたので良かったと思います。(明日への意気込みは)今日勝てましたが内容的には課題があるので、明日はイチから気持ちを入れ直して、全力で東大にぶつかっていければなと思います。」

代打で適時二塁打を放った#5 柴田颯

「自分は監督(=溝口監督。90年度卒=湘南)にチャンスの時の代打と言われているので、いつチャンスが来ても100%の力を出せるように準備していました。その結果として二塁打になり、チームも追い上げムードになったのでよかったです。(展開について)6回から一人一人が役割を果たしていけたことが大量得点につながったと思います。(次戦について)負けたら終わりなので最初から点を取り、自分でも結果を残せるように頑張っていきたいです。」

秋季リーグ戦記事一覧

関連記事一覧