【野球部】投打かみ合い快勝!

◆2020年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆

10月31日 対法大 明治神宮球場

 

打者成績

投手成績

選手名・学年・出身校投球回球数被安打奪三振与四死球自責点
中﨑 (観4=立教新座) 3 1/372
中川 (コ4=桐光学園)32
宮海(営2=国学院栃木)1 1/330
栗尾 (コ3=山梨学院)0 2/314

 

ガッツポーズを見せる中﨑(観4=立教新座)

ガッツポーズを見せる中﨑(観4=立教新座)

秋季リーグ最終カードは法大。法大にはドラフト1位投手がおり、いつもより観客の目線も熱い。その中でも、立大投手陣は法大打線を3安打に抑える活躍を見せた。攻撃では三井(コ4=大阪桐蔭)がドラフト1位投手相手に、本塁打を放つ活躍を見せた。

本日先発のマウンドに上がったのは中﨑だ。安定した投球を見せ、試合のリズムを作った。2回には146キロの投球を見せ、4回までを無安打に抑えた。続いてマウンドに立ったのは、先日ドラフトでオリックスから4位指名を受けた中川(コ4=桐光学園)。プロのスカウトも見惚れた、安定したアンダースローで7回までを無失点で抑えた。8回から宮海(営2=国学院栃木)がマウンドを任されたが、法大打線につかまってしまう。しかし、栗尾(コ3=山梨学院)が2三振を奪う投球を魅せ、逃げ切った。

先制の適時打を放つ林中(コ4=敦賀気比)

先制の適時打を放つ林中(コ4=敦賀気比)

投手としても活躍を見せた中﨑は3回に、安打を放った。宮﨑(コ2=大阪桐蔭)が犠打でチャンスを広げる。続く、林中が三塁手の頭上を超える適時二塁打で、中﨑がホームを踏む。その後、山田(コ2=大阪桐蔭)も安打を放ち、再び一二塁のチャンスを迎える。ここで打席に立ったのは三井。放たれた打球はベンチに吸い込まれていった。ドラフト1位投手相手に本塁打を放った三井の活躍により、一気に3点の追加点を得た。その後、2点を許すも追いつかれることなく勝利を掴んだ。
本試合では、攻守共に印象を残した中﨑を筆頭に、4年生の活躍が目立った。勝利を収めたことで法大と4位に並ぶ立大。また竹葉には首位打者のタイトルがかかっている。明日はいよいよ最終戦を迎える。4年生にとっては最後の試合。勝利を収めて、法大を抑え4位に位置できるのか。立大ナインから目が離せない。

(10月31日・松下ひまり)

関連記事一覧