• HOME
  • WEB記事
  • 野球部 , 戦評
  • 【野球部】頂点へ向け、初戦白星発進!確実にチャンスをものにし、昨秋王者に快勝見せる 〈秋季リーグ戦 早大1回戦〉

【野球部】頂点へ向け、初戦白星発進!確実にチャンスをものにし、昨秋王者に快勝見せる 〈秋季リーグ戦 早大1回戦〉

≪早大戦の展望はこちらから≫

◆2021年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆

9月19日 対早大 明治神宮球場

打者成績

位置選手名・学年・出身校打数安打打点四死球本塁打
[8]98道原(法3=駒大苫小牧)
[5]田中祥(コ1=仙台育英)
[7]吉岡(コ3=広陵)
金川(社4=立教新座)
[3]東(社4=福岡大大濠)
[4]山田(コ3=大阪桐蔭)
[9]太田(コ4=智辯学園)
H87宮﨑(コ3=大阪桐蔭)
[2]黒岩(法3=静岡)
[6]井上剛(コ3=佐久長聖)
[1]池田陽(コ2=智辯和歌山)
栗尾(コ4=山梨学院)
H片山(コ4=履正社)
宮(営3=國學院栃木)

投手成績

選手名・学年・出身校投球回球数被安打奪三振与四死球自責点
池田陽(コ2=智辯和歌山)88
栗尾(コ4=山梨学院)20
宮(営3=國學院栃木)23

夏の暑さが残る秋晴れの中、ついに秋季リーグが開幕した。初戦のカードは昨秋の王者・早大。春は2戦2勝と相性の良い相手だが、難敵相手に油断は禁物だ。2回、山田(コ3=大阪桐蔭)のニ塁打を機に1点を先制。その後も確実に打線を繋ぎ、追加点を挙げる。さらに8回、昨季ベストナインにも選ばれた主砲・東(社4=福岡大大濠)が左翼スタンド一直線のソロ本塁打でダメ押しの追加点を奪った。投げては、池田陽(コ2=智辯和歌山)、栗尾(コ4=山梨学院)、宮(営3=國學院栃木)が安定した投球を見せ、得点の機会を与えない。タテジマ全員で1点を積み重ねて価値ある勝利を掴み、幸先良いスタートを切った。

本塁打の活躍を見せた東

試合が動いたのは2回。早大の二枚看板を背負う西垣(4年=報徳学園)を相手に、タテジマが誇るプリンス・山田が初球を捉えた。甘い球を左前にライナーで運び、一瞬の隙をつきニ塁へ。ギリギリのタイミングでベースを踏み、早速得点の機会を演出する。続く主将・太田(コ4=智辯学園)の犠打と黒岩(法3=静岡)の内野ゴロで即座に生還。僅か4球で1点をものにした。

続く3回、流れを引き寄せたいRⅠKKIOナインに追加点のチャンスメイクしたのはルーキー・田中祥(コ1=仙台育英)だ。リーグ戦初出場にして初スタメン。活躍が注目される中で、見事な暴れっぷりを見せた。一、ニ塁間への強烈な当たりで、2打席連続の安打。「先輩方が声を掛けて下さってプレーしやすかった」。期待の新星の活躍に、上級生も応える。3番・吉岡(コ3=広陵)の逆方向への安打と続く東の四球で、1死満塁のチャンス。再び打席に立った山田が遊ゴロで後援し、後輩のデビュー戦に華を咲かせた。

試合を決めたのは8回。早大投手が西垣から加藤(2年=下妻一)に代わったタイミングで、打席に立ったのは攻撃の軸・東だ。昨春は4年目にして初のベストナイン。ラストイヤーに懸ける想いは伊達じゃない。4番の座を掴んだ今日の試合は、ここまで無安打。打撃が湿っていたが、主砲にさすがの一発が出た。左翼フェンスを優に超える特大本塁打。「打った瞬間、行ったと思った」。イメージ通りの打撃で優勝へ向け快音を鳴らし、今季初戦も観客の大きな拍手を誘った。

先発として好投を見せた池田陽

投げては、先発の池田陽が6回3安打無失点の好投で早大打線を封じ込めた。正捕手・黒岩のリードのもと、得意の早い球種で自分らしさを貫く。二度の満塁のピンチを背負うが、粘りを見せた。乱れが出てくる中盤では、遅めの変化球を投げ、打者の目線を翻弄する。連携の取れた守備にも助けられ、相手にホームベースを踏ませなかった。7回からは、チームの副将を務める栗尾が2イニングを三者凡退に抑える。テンポの良さが光る投球で球数を抑え、安定感を放った。ラストはRⅠKKIOのクローザー・宮が試合を締めくくり、見事な完封リレーを見せる。春からチームを支えてきた投手3人。今季も積極的な継投で、攻撃の奮起を促した。

少ない機会を生かし、1点の重みを積み重ねていったタテジマ健児たち。今季初戦にして攻守ともに最大限のプレーを見せ、難敵相手に快勝を飾った。春の悔しさを晴らし、狙うは頂点ただ一つ。好調な滑り出しを引き継ぎ、明日も勝利を掴みに行く。チームRIKKIOの「優勝への旅路」は始まったばかりだ。

(9月19日・三俣 心葉)

コメント

5番打者の役割を果たし、2打点の貢献をした#8 山田

「(5回、2死三塁で放った左前適時打について)塁が空いていて厳しいボールで来るという予測はできていました。気持ち的には少し余裕があり、甘い球を仕留めることができました。(5番打者として)東さんの後で、チャンスに回ってくることが多いと思います。そのような場面では、走者を返したいと思います。」

8回に本塁打を放った#3

「(8回の本塁打について)真っ直ぐを待っていたので、振り負けないようにポイントを前にしてイメージ通りの打撃ができました。(4番打者への意識は)チャンスで回ってきたら、走者を返すだけです。(今季の意気込みは)学生野球ができるのもあと9試合なので、1球1球無駄にしないよう、チームに貢献していきたいです。」

好リードを見せた#23 黒岩

「(守備を振り返って)前半ミスはありましたが、周りのカバーもあり、後半はテンポよく自分のやることができたので良かったと思います。(無失点に抑えたことについて)みんなが協力してデータを割り出してくれて、それに則した投球を投手陣が行ってくれたことがこの結果につながったと思います。」

先発登板し、6回3安打無失点に抑えた#15 池田陽

「(試合を振り返り)投手としては、蛭間(3年=浦和学院)・岩本(4年=大阪桐蔭)の前にランナーを出さないこと。チームとしては1点を取ることを強く意識していたので、どちらもできて今日はすごく良かったと思います。(今季のチームの雰囲気は)今季は初戦から優勝目指して頑張ろうと意気込んでいるので、良い雰囲気だと思います。」

初出場で4打数2安打の活躍を見せた#26 田中祥

「(2番の役割は)バントも必要な時があると思いますが、1番はやはり(バットを)振っていき、出塁したり、繋いだりする役割だと思います。(秋季リーグ戦の個人目標は)まずは1試合でも多く試合に出場して、打率を残したいです。そのためにも、1本でも多くの安打を放ちたいです。」

≪早大2回戦の戦評はこちらから≫

秋季リーグ戦記事一覧
野球部】秋こそ頂点へ、開幕戦白星で勢いに乗れ! 〈秋季リーグ戦 早大戦展望〉

関連記事一覧