【バスケットボール部】長距離砲、集中砲火!連敗ストップ

第94回関東大学バスケットボールリーグ戦

9月23日 対埼玉工大 立大新座キャンパス

◆第94回関東大学バスケットボールリーグ戦◆
立大8719-19
15-19
75埼玉工大
26-14
27-23

 

ポイントカード・根本は、今試合19得点4アシストと大車輪の活躍

日体大戦以来、勝ち星を取りこぼし5連敗中だった立大が、15本のスリーポイントを沈めて連敗をストップさせた。

今回のMVPは八王子高出身コンビの#20新屋(済3)と#30根本(文2)だ。新屋は2本のスリーポイントと6本のオフェンスリバウンド、根本は5本のスリーポイントと4つのアシストで精彩を放った。

勝利の要因は、やはり全体を通して大当たりだったスリーポイントだろう。八王子高コンビと、#6井関(法2)、#16横地(法3)を中心に87点のうち、45得点、つまり半分以上を長距離砲でリングを射抜いた。

ただ、長身の#28片山(済4)が怪我によってプレータイムを削られたことで、外からの攻撃に頼らざるを得なかったと新屋は振り返った。長いリーグ戦を戦っていくには、多くの攻撃の選択肢を持たなければ勝てない。攻撃の要である#24木口(法2)も現在怪我により欠場中。苦しい状況が続くが、一つ一つの勝利を大切にもぎ取っていきたい。(10月2日 三平敬太)

◆コメント◆
#30根本
―3勝目を手にした感想
ホッとしたというのが率直な感想だよね。本当に良かった。
―前の試合からの修正点
本当に悔しかったからねぇ。1ピリは互角だったんだけど2ピリでボコボコ点を取られたからそこを修正して。スタメン組が2ピリから出て、控えがスタメンだったからそれが上手くいったかな。
―ポジションの被る主将伊藤さんとのプレイタイムシェアについて
前まで20分ずつとかだったんだけど、今は調子が良い方が30分。とかやってる。前の試合は伊藤さんが30分だったし、今日は俺の調子良さそうだったから出番多かっただけで。
―今日はスリーが良く決まってた
いや、全然(笑)。相手がスペース空けてくれてたからだし、他の学校はこんな上手くいかないね、そこをどうするか。でも今日は1、2本打ってから、あれ、今日打って良いかなって。
―来週は東洋大
勝つか負けるかで大きく変わるから絶対に負けられない

#20新屋
―今回の試合を振り返って
ずっと負けが続いていたので、良かったです。今回も途中差が開いてしまって、第3Qで自分スタメンだったので、どうにかしようと思って頑張りました
―今日は最初もスタメンでしたが
そうですね。びっくりしました(笑) 普段出ないメンバーで体力切れって感じでした
―今日の試合、スリーポイントで45得点でした
そうなんですか!まあ今日、片山さんが出てなかったので、攻め手がそこしかないっていうのもありますね。入ってよかったです
―出場している5人全員が決められるメンバーで、相手にとっては脅威だったんじゃないですか
井関が結構打つので。本来あいつがリバウンドを取るポジションですけど。あいつが打つなら僕が取るかたちでもいいと思うので
―シューターでありながら、リバウンドも取りますよね
はい(笑)頑張りました
―今後は
うちもそうですけど、埼玉工大も2部の中で上の方ではないのに、こんなに競ったゲームになってしまったというのが。もっと離せる相手だったのに離しきれなかったのが力不足だなと思いますね。

関連記事一覧